とるぱ226をゆく2「坊津と双剣石」

はじめに

南薩奥地の見どころをご紹介するシリーズ「とるぱ226をゆく。

前回は「坊野間県立自然公園」の起点となる
立神岩」をご紹介しました。

立神岩

今回は「坊津と双剣石」をご紹介します。

坊津と双剣石

枕崎から西へ、車で15分ほどの場所に
坊津ぼうのつ」と呼ばれる小さな港町があります。

坊津

実はココ、17世紀に書かれた中国の歴史書『武備志』に
博多津(福岡市)」、「安濃津(津市)」に並び、
日本三津」と紹介された歴史ある港なのです。

今で言うところの横浜港神戸港のような存在で、
最も古い記録は6世紀に往来した遣唐使船が寄港したこと。

その後、薩摩藩が密貿易を行った江戸時代までの
千年を超える歴史があります。

今の姿からは想像できませんが
海上交通の要所として古代から栄えた港町なのです。

そんな「坊津ぼうのつ」の目印とも言えるのが「双剣石。

坊津の双剣石

二本の剣が天を突き刺すよう並ぶ見た目の姿から
そのように呼ばれています。

双剣石」は坊津歴史センター「輝津館(入場料300円)」の
2階から望むことが出来ます。

輝津館から望む双剣石

もしくは、上写真右側の「坊津観光案内所」の下にある
広場から望むことが出来ます。

坊津の双剣石

アクセス

場所はコチラ。

次回は「鑑真記念館」をご紹介します。



ブログの検索


リンク

2018年11月
MTWTFSS
« Sep  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930