とるぱ226をゆく6「笠沙美術館」

はじめに

南薩奥地の見どころをご紹介するシリーズ「とるぱ226をゆく。

前回は「後藤鼻展望所」をご紹介しました。

後藤鼻展望所から望む沖秋目島

今回は大自然に囲まれた「笠沙かささ美術館」をご紹介します。

黒瀬道則氏の作品を展示する「笠沙美術館」

笠沙町出身の画家・黒瀬道則氏の作品を展示する
笠沙かささ美術館(黒瀬展望ミュージアム)。

笠沙美術館

笠沙美術館

駐車場から美術館へ続く橋を渡ると
前回紹介した沖秋目島を別角度から望む
絶景が広がります。

笠沙美術館から望む沖秋目島

笠沙美術館から望む沖秋目島

階段を降りると入り口が。

笠沙美術館

沖秋目島を切り取るようなエントランスとなっています。

笠沙美術館から望む沖秋目島

中に入ると周辺の大自然が遮断され、
想定外のモダンアートが展示されています。

そのギャップの面白さはココでしか体験できない
特別なモノなので、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

※美術館の中は撮影禁止なので写真はありません。

アクセス

場所はコチラ。

展示内容によっては有料になる場合があるようです。

次回は「杜氏の里笠沙」をご紹介します。


ブログの検索


2024年6月
« 3月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930