とるぱ226をゆく7「杜氏の里笠沙」

はじめに

南薩奥地の見どころをご紹介するシリーズ「とるぱ226をゆく。

前回は「笠沙美術館」をご紹介しました。

笠沙美術館

今回は「杜氏の里笠沙かささ」をご紹介します。

手作り本格焼酎づくりを伝承する「杜氏の里笠沙」

前回ご紹介した「笠沙かささ美術館(黒瀬展望ミュージアム)」の
向かいにある「杜氏の里笠沙かささ。

杜氏の里笠沙

焼酎は蒸留酒の一種なのですが
その歴史は紀元前3000年のメソポタミア文明が
発祥とされます。

日本に伝来したのは17世紀の江戸時代。

琉球を通じて南九州地方に広まり、
焼酎造りが始まったと考えられています。

現在は機械化が進み、量産化が可能になった焼酎ですが、
昔ながらの手作り本格焼酎を伝承しているのが「杜氏の里笠沙。

杜氏の里笠沙

館内は黒瀬杜氏と呼ばれる職人達の
仕事風景を再現した展示(300円)と
実際に作られた焼酎の販売が行われています。

杜氏の里笠沙の商品

ただし、「森伊蔵」より幻とされる「一どん」は
抽選販売なので現地に行っても買えません。

応募方法は公式サイトをご確認下さい。

私は地元・鹿児島の方にタダで頂きました。

杜氏の里笠沙「一どん」

アクセス

場所はコチラ。

次回は「リアス式海岸展望台」です。



ブログの検索


リンク

2018年12月
MTWTFSS
« Nov  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31