【製作レポート】宝塚歌劇の「デュエット曲」について

はじめに

トップコンビが歌う華やかなデュエットは、
宝塚歌劇でも大きな見どころの一つですよね。

そんなデュエット曲ピアノソロアレンジする場合、
メロディーが2つに分かれる部分については
演奏が少し難しくなります。

例えば、2人が同時に歌う部分で
オクターブ移動が連続したり、
音域が離れ過ぎる場合などが挙げられます。

そこで、ピアノ演奏をしやすくするために
音を取捨選択する必要があるのですが、
Fast Musicの楽譜は
原曲の美しいハーモニーを維持させながら
弾きやすさも考慮して、
そのバランスを細部まで工夫しながら
一音一音吟味して制作しております。

Youtubeにアップしている参考動画では
メロディー演奏をパートごとに色分けしていますので
それぞれの動きを目で楽しんでいただければと思います。

オススメのデュエット曲をご紹介!

◆私が踊る時

エリザベート -愛と死の輪舞-』より、
トートエリザベートデュエット

自らの意思で生きる」というエリザベート
やがては死を選ぶ」というトートの互いの主張が
掛け合いで始まり最後はユニゾンで山場を迎えます。
終盤はボレロのようなリズムが使われており
堂々とした印象を与えます。

ピアノアレンジではその部分のリズムを
左手のアルペジオで表現しています。

YouTube link for 宝塚歌劇団 私が踊る時


◆あなたこそ我が家

スカーレット・ピンパーネル』より、
パーシーマルグリットデュエット

結婚式のシーンで歌われる曲で、
実際に結婚式のBGMとして使用されるファンも
多いみたいですね。

寄り添ったり重なり合ったりする2つのメロディーが
互いの気持ちを表しているような美しいデュエット曲です。
最後の方(動画では2:05辺りから)でハーモニーが
「3度」→「2度」→「同(1)度」と近づいていく演出が素敵です。

YouTube link for 宝塚歌劇団 あなたこそ我が家


◆ME AND MY GIRL

ME AND MY GIRL』より、ビルサリーデュエット

幼馴染みの2人が歌う可愛らしくてハッピーな1曲です。
曲を聴くだけでも2人の楽しそうに踊る姿が目に浮かびますね。

ビルの歌い出しは短調で始まりますが、サリーが歌い出すと
長調に変わりパッと雰囲気が明るくなるのがとても巧妙です。
タップのソロ部分をピアノでどう表現したか」という部分にも
ご注目ください。

YouTube link for 宝塚歌劇団 ME AND MY GIRL


◆バルコニー(愛の誓い)

ロミオとジュリエット』より、
ロミオジュリエットデュエット

バルコニーにいるジュリエットのもとに
ロミオが訪れるシーンの曲です。

2人のピュアな感情が曲調にもよく現れており、
シンプルですが転調を繰り返すことにより
高揚感が伝わってきます。

他の3曲に比べて難易度が少し低めですから
初心者の方にもぜひ挑戦していただきたいです。

YouTube link for 宝塚歌劇団 バルコニー(愛の誓い)

おわりに

宝塚歌劇の楽曲については
たくさんのリクエストをいただいております。

少しずつですがお答えできるように頑張ってまいりますので
気長にお待ちいただけると幸いです。

引き続きリクエストよろしくお願いします!

【重要なお知らせ】

バルコニー(愛の誓い)」の演奏音源が
BSフジ11時間テレビ2018 全国対抗!脳トレ生合戦!!』で
使用されます!

宝塚歌劇団のショートドラマ内でBGMとして流れるそうです。
よろしければチェックしてみてください。

【製作レポート】連弾楽譜について

はじめに

Fast Musicソロ楽譜をメインに販売していますが
たまに連弾楽譜も制作しています。

特に、次の条件に当てはまる楽曲
連弾化する場合があります。

条件1 親子や友達同士で弾いて楽しめる曲

発表会などでソロとは別に
連弾ポピュラー曲を弾くことがありますが
二人で楽しく演奏するイメージが絵に浮かぶような楽曲
迷いなく連弾化します。

条件2 ソロでは再現が難しい曲

原曲がオーケストラや吹奏楽の場合、
ピアノソロで原曲のイメージに近づけることは
難しくなります。

そこで連弾制作に切り替えて
ソロでは表現できなかったアレンジで仕上げます。

以上を踏まえて、これまでに制作した
連弾アレンジをいくつかご紹介します。

連弾楽譜をご紹介!

◆フレーミーのうた/渋谷毅

Fast Music連弾アレンジした中で
継続して人気のある楽譜。

難易度は低めですが
オシャレに聴こえるアレンジにしました。


◆RPG/SEKAI NO OWARI(ピアノ連弾)

クレヨンしんちゃんの映画主題歌として
お子様に大人気の曲。

親子で連弾を楽しんで頂きたい思いで制作しました。


◆あまちゃんオープニングテーマ/大友良英(ピアノ連弾)

初めて聴いた瞬間「これは連弾だ!」と思って制作しました。

軽快なリズムが弾く側も聴く側も楽しくなる1曲です。


◆Hope & Legacy/久石譲(ピアノ連弾)

羽生結弦選手の2016-2017年シーズン・フリープログラム曲。)

原曲はピアノとオーケストラで構成されるため
ソロアレンジは難しいと判断。

連弾ダイナミックなイメージを表現しました。


◆情熱大陸/葉加瀬太郎(ピアノ連弾)

つい先日アップした連弾楽譜です。

上記2点の条件とは異なる理由で制作したもので、
ソロ楽譜が大変好評だったことを理由に連弾化しました。

ソロ楽譜をベースにしていますが
単純に2パートへ変更したわけではなく
連弾らしい華やかで迫力あるアレンジ
再構成しました。

ただし難易度はソロより低めの「上級」です。

元々、ソロメロディーと伴奏の複雑な絡み合い
非常に難しいことから「プロ」としましたが
2パートに分散したことで難易度が下がりました。

また、連弾の醍醐味である
2人の息を合わせて弾く楽しみ」を優先させるために
難易度を下げました。

難しすぎると、合わせる以前に
つまずいてしまいますからね。

ということで、プロバージョンは難しくて
手が出なかった方には
ぜひ仲間を誘って演奏してみてください!

そのた、色々あります!

映画『君の名は。』主題歌「前前前世(movie ver.)。

YouTube link for ONE OK ROCK Pierce


映画『アナと雪の女王』主題歌「Let it Go」。

YouTube link for ONE OK ROCK Pierce

人気曲を多数揃えていますのでサイト内を探してみてください。

【製作レポート】エイプリルフールのネタ動画について

先日4月1日にアップしたONE OK ROCKPierce』の動画を
ご覧にいただけたでしょうか。

YouTube link for ONE OK ROCK Pierce

そう。 歌っているのです。

伴奏用の楽譜として制作したものではなく
エイプリルフールのネタとしてアップしました。

このようなネタ動画を2014年から
毎年作っているのですが
この機会に全部まとめてご紹介したいと思います。

【2014年】現代音楽として有名な4分33秒

2014年はジョン・ケージ4分33秒』を演奏しました。

YouTube link for ONE OK ROCK Pierce

この曲は作曲家ジョン・ケージが1952年に発表した作品で
楽譜には

第一楽章 休み 第二楽章 休み 第三楽章 休み

と書かれているだけで、音を鳴らさない曲なのです。

でも、その場で聞こえる
全ての音(客席の雑踏音や鳥の鳴き声のような環境音)を鑑賞して
それも「音楽」という現代音楽的メッセージが
込められています。

4分33秒』というタイトルは初演された時の演奏時間が
たまたま4分33秒だったことに由来しています。

動画ではその演奏を再現したわけですが
コメント欄には
は?」というものから
上手ですねw」というものまで
反応は様々。

これからも物議を醸し続けるのでしょうね。この「。

【2015年】ある曲を逆再生

2015年はある曲を逆から演奏しました。

YouTube link for ONE OK ROCK Pierce

これまた「は?」という感じの動画ですが
逆再生してみましょう。

YouTube link for ONE OK ROCK Pierce

お分かりいただけたでしょうか。
ラグタイムの名曲『The Entertainer』です。

音がアコーディオンのように聞こえるのは
減衰するピアノ音逆再生したからです。

図にするとこんな感じ。

元の音:→減衰
逆再生:→ 増幅

エイプリルフールのちょっとした遊び心
やってみたのですが、音楽は遊びが付きもの。

あのJ.S.バッハも『音楽の捧げもの』という作品の中で
楽譜を前からと後ろからを同時に演奏して曲が成り立つ
というものを書いています。

バッハ遊びも天才的なのですが
詳しくは「蟹のカノン」で検索してみてください。

【2016年】ファイト!ファイト!ちば!

2016年は人気バラエティー番組『月曜から夜ふかし』で
全国的に有名になった
ジャガーさんの代表曲『ファイト!ファイト!ちば!』を
演奏しました。

本家本元は何とも言えない独特な歌いまわしと
サウンド感が特徴的なのですが
当時、話題になっていたので
エイプリルフールネタとしてやってみました。

ただ、ピアノ演奏すると曲自体が結構良いので
いわゆるジャガーさんの雰囲気は
消えてしましました。。。。

結局、印象的なジャガーさんのPVを
再現することもできず、
そもそもジャガーさんの存在自体が
エイプリルフールみたいなものですから
チョイスするのが間違いでした。。。。

余談ですが、昨年演奏のお仕事で
千葉に行く機会がありました。

魚が新鮮でとても美味しかったので
またぜひ行きたいと思っています。

【2017年】アダムスファミリーのテーマ曲

2017年は映像技術を駆使(?)して
『アダムスファミリー』のテーマ曲を演奏しました。

YouTube link for ONE OK ROCK Pierce

こちらは「グリーンスクリーン」という方法で腕を透けさせて
手だけがピアノを弾いているように映像加工したもの。

その様子が『アダムスファミリー』に登場する
「ハンド」のようになるので
この曲をチョイスしました。

【2018年】ワンオク「Pierce」を「歌ってみた」

そして冒頭でご紹介した通り、今年は「歌って」みました。

YouTube link for ONE OK ROCK Pierce

歌のうまい人に依頼して作成したのですが
エイプリルフールとしては
もっとヘタな人にお願いしたほうがよかったのでは。。。
と思いつつアップしましたが
いかがでしょうか。

歌い手は秘密にしておきます。

ちなみに、この動画をアップした4月1日。

HP管理人は「ONE OK ROCK」のドームツアーに
行ってきたようです。

ONE OK ROCKドームツアー2018

その話は機会があれば
ブログでレポートしてもらおうと思っています。


ということで「過去5年分のエイプリルフール動画について」でした。

◆ファイト!ファイト!ちば!/ジャガー(ピアノソロ)

Fast Musicの楽譜の中で唯一、1度も売れてない楽譜。

◆Pierce/ONE OK ROCK(ピアノソロ)

伴奏用楽譜ではありませんが。。。人気のソロ楽譜です。

YouTube link for ONE OK ROCK Pierce

あとがき

実は、エイプリルフールへの関心が世間的に薄れているので
今年で最後にしようかと思っています。

一時期はどの企業も色々な企画をやっていましたが
今年はほとんど話題にならず
文化として根付かなかったようです。

そもそも毎日がエイプリルフールのような時代ですから
仕方がないのかもしれません。。。。

ということで、次回もお楽しみに。

【製作レポート】桜ソング特集

お花見シーズン間近ということで
今回は「桜ソング」を特集します。

バリエーションが豊富な「桜ソング」

J-POPは「」をテーマにした楽曲がたくさんあります。

出会い」と「別れ。

その背景に色づく「」は作品テーマにしやすく
咲く」、「散る」のどちらを描くかによって
曲のおもむきに違いが生まれます。

そのためバリエーションが豊富で
パッと思いつくだけでもすぐに2桁に達しますが
それらをいつしか「桜ソング」と呼び、
毎年たくさんの楽曲が生まれます。

和風に感じる音階

そんな「桜ソング」でよく用いられている作曲技法の一つとして
和風に感じる音階、
いわゆる「ヨナ抜き音階」があります。

これは、ド(主音)から順番に数えて
4番目(ヨ)7番目(ナ)にあたるファの音を抜いた
5音の音階の事です。

ピアノで弾いてみてもらうとよくわかると思います。

ヨナ抜き音階1

ヨナ抜き音階2

なんだか演歌っぽく感じないでしょうか?

それもそのはず。

実際に演歌では1曲通して
この音階だけを使った曲も多いです。

J-POPでは部分的にこの音階を使って、
5音を軸に6音・7音の音階がよく使われています。

曲を聴いたり演奏している時「なんか和風っぽい」と感じたら
その部分にどんな音階が使われているか
調べてみてください。

また新たな発見があるかもしれませんよ。

「桜ソング」楽譜をご紹介

というわけでFast Musicピアノアレンジした
桜ソング」をいくつかご紹介します!

◆桜流し/宇多田ヒカル

2012年公開、映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』主題歌。
美しさの中にもとてつもない切なさを感じる1曲です。


◆桜color/GReeeeN

AOKI テレビCMソング。
の季節、夢を追って旅立つ人への応援歌です。


◆桜坂/福山雅治

2000年放送の人気バラエティ番組から生まれた曲。
曲名の由来は東京都大田区の桜坂だと言われています。


◆Sakura/嵐

TBS系ドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』主題歌。
咲いては散ってゆく儚いの様子をクールに描いています。

あとがき

もうすぐお花見シーズンの到来ですね!

お出かけ準備をそろそろ始める時期ではありますが
年度末の仕事で「それどころじゃない!」という方も
多いのではないでしょうか。

でも、年に一度の素敵な季節ですから。

私も少し立ち止まって
春風を感じながら気分転換できればと思っています。

姫路城周辺

ということで、次回もお楽しみに!

【製作レポート】卒業ソング特集

まもなく卒業シーズンなので「卒業ソング」を特集します!!

あなたにとっての卒業ソング?

その答えは世代によって様々ですよね。

でも曲を聴けば卒業式の色々な記憶が
蘇るのではないでしょうか。

卒業ソングにはそんな魔法の力があると思います。

最近は一口に「卒業ソング」と言っても
ズバリ「卒業」をテーマに書かれたものだけではありません。

旅立ち」や「」をテーマにした楽曲も増えて
定番から多様性の時代に変わってきたという印象です。

卒業ソングとピアノの関係

卒業ソングピアノの関係についてですが、
卒業式ピアノ伴奏に合わせて合唱する事が多いので
容易に結びつくかと思います。

そもそも合唱ピアノ伴奏のイメージが強いですよね。

合唱伴奏といえば「いかにも!」という
お決まりの伴奏形がよく使われますが
これを聞くとなぜか安心するというか
懐かしい気持ちにさせてくれる効果があるように思えます。

例えばこんな感じ。

卒業ソングの伴奏形

卒業ソングと言われる曲の中にも
このような伴奏形がよく見受けられます。

懐かしい合唱を連想させるような
意図的なアレンジなのかもしれませんね。

卒業ソングの楽譜をご紹介

というわけで、Fast Musicがピアノアレンジした
卒業ソングをいくつか紹介します!

◆3月9日/レミオロメン

元々は結婚をテーマに書かれたらしいのですが
ドラマで使用された影響で卒業ソングの定番になりました。


◆友~旅立ちの時~/ゆず

2013年の『NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)』中学校の部・課題曲。
合唱曲としても親しまれています。


◆道/EXILE

歌詞の内容が卒業にピッタリな楽曲。
シングルCDには合唱バージョンも収録されるため
こちらも合唱曲の定番になっています。


◆手紙 ~拝啓、十五の君へ~/アンジェラ・アキ

2008年の『Nコン』中学校の部・課題曲として
書き下ろされた『手紙』を
自身の歌唱用にアレンジされた楽曲です。

あとがき

例年に比べて寒さ厳しい今日この頃。

私のまわりではインフル風邪
バタバタ倒れるもんですから、戦々恐々としております。

あと一ヶ月ほど我慢すれば暖かくなると思うのですが。。。
春っぽい曲を聞きながら辛抱する日々です。

皆様もお体を大事にお過ごし下さい。

ということで、次回もお楽しみに!

ブログの検索


リンク

2018年11月
MTWTFSS
« Sep  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930