【制作レポート】大河ドラマ「おんな城主直虎」テーマ曲

今年も大河ドラマのテーマ曲をピアノアレンジしました!

おかげさまで、2010年の「龍馬伝」から8年連続、9作目となります。

2017年大河の音楽担当はTV・CMや有名アーティストの
楽曲を数多く作曲されている菅野よう子さん。

世界的ピアニストラン・ランさんのピアノをフィーチャーした楽曲で、
オーケストラとピアノが複雑に絡み合い、
いわゆる大河っぽさの中にも多国籍な要素が含まれた
聴き応えたっぷりな内容です。

が、同時にピアノアレンジ泣かせでもあります。

ピアノソロで表現するために音の取捨選択を行うわけですが、
今回の楽曲に関してはたくさんの要素がありすぎて、
色々なパターンでアレンジすることができるかと思います。

しかしそこは「FastMusic」らしく。

いつも通りのコンセプト「原曲のイメージを大切にしたアレンジ」で
仕上げました。

今回は特に3つのポイントを意識してアレンジ。

響き

オーケストラの楽器がいくつも重なり合ってできるハーモニー、
一つの音の違いだけでガラッと印象が変わる事もあります。
ピアノソロでその全てを再現することはできませんが、
できる限り近い響きで原曲のイメージに近づけています。

場面

戦国の乱世を思わせるような目まぐるしい場面展開。
原曲では、巧みなオーケストレーションでその場面ごとの
カラーを彩っています。
このピアノアレンジでは、場面ごとで使用する音域や伴奏形の違いで
その色彩感を表現しました。

流れ

その「場面」をただ並べるだけではなく、全体を通して見た時の
流れの美しさや演奏のしやすさも、アレンジの大きなポイントです。
ピアノが持つ幅広い音域とダイナミクスを駆使して、
抑揚のある流れを表現しました。

演奏される時はこのような点にも注目しながら
楽しんでいただければと思います。

楽譜購入はコチラ!!



ブログの検索


リンク

2017年11月
MTWTFSS
« Oct  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930