カツオで有名な枕崎漁港の「お魚センター」(鹿児島県枕崎市)

さて、今回は「ぶえん」に行かず、「こどもの日かつおまつり」ということで、
お祭り会場で昼食することにしました

makurazakiosakanacenter3

そして食べたのがコレ
あの「Show-1グルメグランプリ」で二年連続優勝した「枕崎鰹大トロ丼」

makurazakiosakanacenter18

えー、知らないですか?「Show-1グルメグランプリ」。。。

すみません。私も知りませんでした
鹿児島県内の商店街グルメナンバー1を決める大会なんだそうです

鰹の腹皮(マグロで言うところのトロ)を竜田揚げにして
ご飯の上に乗せるドンブリなのですが、
ふっくらでやわらかくとても美味しかったです

makurazakiosakanacenter19

腹皮」は真空パックにされたものをそのまま焼いて食べるのが一般的で、
とても硬く噛み切るのが大変なのですが、
辛くて大人のおつまみとして大変美味しく、私の大好物なんです

そんな腹皮を誰でも食べやすくされて、とても美味しかったです

そして、一緒についてくる枕崎産カツオと利尻昆布のスープが絶品
体の中に自然と溶けこんでいくような、日本人でよかったと思える一杯
昆鰹(コンカツ)の相性は抜群ですが、稚内産ではないのですね

他にも色々な屋台が出てて、
特設ステージには「枕崎少年少女合唱団」の皆さんによる合唱などで
大変盛り上がっていました

makurazakiosakanacenter20

makurazakiosakanacenter21

最後に「南薩地域地場産業振興センター」のおみやげ屋さんで販売していた
その名も「クラシック節

makurazakiosakanacenter22

「金七商店」が販売するかつお節で、
カビ付けと天日干しを四ヶ月~半年も繰り返して製造される本枯節という高級品。
カビ付けは本枯節製造で、内部の水分を蒸発させるための欠かせない工程。
そして、そのカビ付けの時にモーツァルトを聴かせているんだとか

科学的根拠がないと前置きされながらも、
カビの乗りがよくなり、キメ細かくなったそうです。
さらに、生産者のみなさんも心おだやかに働くことができるのだとか

クラシック好きの皆さんに是非オススメのかつお節です

ということで、場所はコチラ。駐車場もありますが「こどもの日かつおまつり」の時は
たくさんの来場で駐車に時間がかかるかもしれません



ブログの検索


リンク

2018年11月
MTWTFSS
« Sep  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930