【日本神話をめぐる旅17】神武天皇の誕生(前編)

二柱を失った長男「五瀬命イツセノミコト」と四男「神倭伊波礼毘古命ヤマトイハレビコノミコト」は
安芸「多祁理宮たけりのみや」や吉備「高島宮たかしまのみや」、難所の「速水門はやすいのと」(明石海峡)を超えて、
白肩津しろかたのつ」(現在の大阪府枚方市~東大阪市付近)から上陸し、「大和」へ向います。

しかし、そこに現れた大和の神「登美能那賀須泥毘古トミノナガスネビコ」に襲われ、
大きな被害を受けて撤退します。

神倭伊波礼毘古命ヤマトイハレビコノミコト」は
「太陽神の子孫でありながら、太陽に向かって戦ったのが間違いだった」と反省し、
太陽を背にして戦うために紀伊半島の「熊野」へ向います

しかし道中で、先の戦いで深傷を負った長男「五瀬命イツセノミコト」が絶命してしまいます。

そんな状況で楯ヶ崎(三重県熊野市)に上陸。

海から見た楯ヶ崎。

楯ヶ崎(三重県熊野市)

灯台の横に「神武天皇上陸の碑」があったのですが台風で流され、
土台だけが残っています。

楯ヶ崎灯台と神武天皇上陸の碑跡(三重県熊野市)

無事に上陸した一行ですが、そこに「大熊」が現れ、
毒を吐かれて一行は萎えてしまいます。

この「大熊」は「熊野三所大神社くまのさんしょおおみわしゃ」にお祀りされる
地主の神「丹敷戸畔命ニシキトベノミコト」とされていて、「熊野の荒ぶる神」と伝えられています。

熊野三所大神社の丹敷戸畔命

戸畔トベ」とは「酋長しゅうちょう(部族長)」という意味で
『日本書紀』には熊野を支配する女酋長だったと記されています。

場所は「熊野那智大社」の近くで、本殿の右側にひっそりとお祀りされています。

熊野三所大神社の本殿

「熊野三所大神社」の境内には「神武天皇頓宮とんぐう」と書かれた石碑があり、
一時的な宮が建てられたとされます。

神武天皇頓宮(熊野三社大神社)

そんな状況で地元の民「高倉下タカクラジ」が現れ、
不思議な力を持つ「布都御魂剣ふつのみたまのつるぎ」が献上されます



ブログの検索


リンク

2018年11月
MTWTFSS
« Sep  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930