【日本神話をめぐる旅15】海幸彦と山幸彦

前回は「天孫降臨」した「邇邇芸命ニニギノミコト」が「木花之佐久夜毘売コノハナノサクヤビメ」と結婚し、
三柱の子供が生まれました。

今回は、その長男「火照命ホデリノミコト」と三男「火遠理命ホヲリノミコト」のお話。

長男「火照命ホデリノミコト」は漁業を生業にしていたので、別名「海幸彦ウミサチヒコ」と呼ばれます

三男の「火遠理命ホヲリノミコト」は山で狩猟を生業にしていたので、別名「山幸彦ヤマサチヒコ」と呼ばれます

ある日、三男「山幸彦ヤマサチヒコ」が「漁をやってみたいので道具を交換しないか」と
長男「海幸彦ウミサチヒコ」に提案します。

何度もお願いする三男に長男は渋々釣り道具を貸します。

すると、三男は釣り針をなくして帰ってきて、長男は激怒します。

三男「山幸彦」は必死で海の中を探しますが見つからないので
大切にしていた「十拳剣とつかのつるぎ」を砕いて釣り針を作り、許してもらおうとしますが、
元の釣り針を返すように言われ、許してくれません。

困り果てた三男「山幸彦」の元に、潮流の神様「塩椎神シホツチノカミ」が現れます。

塩椎神シホツチノカミ」は「无間勝間まなしかつま」という舟を与えてくれて、
これで海神「綿津見神ワタツミノカミ」が住む宮殿に行き、
釣針を探してもらうようにお願いすればよいとアドバイスされます

早速、三男「山幸彦」は舟に乗って海神「綿津見神ワタツミノカミ」の宮殿に向かいます

海神の宮殿へ向かう途中に立ち寄ったとされる「鹿篭かごの海岸」

火之神公園

鹿篭かごの海岸」は現在の鹿児島県枕崎市の「火之神公園」とされます。

昔、枕崎周辺の地名を「鹿篭かご」と言い、「鹿児島」の語源になったそうです。

また、「山幸彦」の本名が「火遠理命ホオリノミコト」だから「火之神公園」と命名されたようです

場所はコチラで、キャンプを楽しむ方もおられましたイベント (サーカス)

海神「綿津見神ワタツミノカミ」の宮殿に到着した三男「山幸彦」は
海神の娘「豊玉毘売命トヨタマビメノミコト」を紹介されます。

豊玉毘売命トヨタマビメノミコト」は「山幸彦」に一目惚れし、父「綿津見神ワタツミノカミ」は二人を結婚させます

そして新婚生活が3年続いた頃、三男「山幸彦」は本来の目的を思い出し、
釣針を見つけてもらいます

そして、兄「海幸彦ウミサチヒコ」に釣針を返すために地上に戻ります

もうお気づきとは思いますが、この物語は「浦島太郎」の元になったお話です
古代中国のお話が起源になっていると言われており、
もちろん「豊玉毘売命トヨタマビメノミコト」は乙姫様のモデルになった神様ですわーい (嬉しい顔)

浦島太郎の伝説は各地にあり、「火之神公園」の近くにある「番所鼻公園」もそのひとつ。

番所公園(開聞岳)

上写真の火山岩に囲まれた池の中に龍宮城があると言い伝えられています。
(「番所鼻公園」はコチラで紹介していますほっとした顔

ようやく釣針を返してもらった兄「海幸彦ウミサチヒコ」ですが、三年も漁に行けず、
貧困状態になっていました

その怒りで三男「山幸彦」を殺そうとしますが、
海神「綿津見神ワタツミノカミ」にもらった海の満引きを操る「塩盈珠しほみつたま」と「塩乾珠しほふるたま」を使って
兄「海幸彦」を溺死する寸前まで追い詰めます

こうして兄は降参し、三男「山幸彦」の家来になることを誓います。
(何だかフクザツな気分ですが…

今回はここまで。次回は『「豊玉毘売命」の出産』です

●目次

【日本神話をめぐる旅1】-「はじめに
【日本神話をめぐる旅2】-「日本のはじまりと国産み
【日本神話をめぐる旅3】-「神生みと夫婦喧嘩
【日本神話をめぐる旅4】-「三貴子の誕生
【日本神話をめぐる旅5】-「天石屋戸隠れ
【日本神話をめぐる旅6】-「八俣遠呂智の退治
【日本神話をめぐる旅7】-「因幡の白兎
【日本神話をめぐる旅8】-「須佐之男命の試練
【日本神話をめぐる旅9】-「少名毘古那神と御諸山
【日本神話をめぐる旅10】-「国譲り
【日本神話をめぐる旅11】-「出雲大社(前編)
【日本神話をめぐる旅12】-「出雲大社(後編)
【日本神話をめぐる旅13】-「天孫降臨
【日本神話をめぐる旅14】-「邇邇芸命の結婚
【日本神話をめぐる旅15】-「海幸彦と山幸彦」
【日本神話をめぐる旅16】-「豊玉毘売命の出産
【日本神話をめぐる旅17】-「神武天皇の誕生(前編)
【日本神話をめぐる旅18】-「神武天皇の誕生(後編)
【日本神話をめぐる旅19】-(仮)「伊勢神宮(前編)」
【日本神話をめぐる旅20】-(仮)「伊勢神宮(後編)」
【日本神話をめぐる旅21】-(仮)「あとがき」



ブログの検索


リンク

2017年12月
MTWTFSS
« Nov  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031