【日本神話をめぐる旅14】邇邇芸命の結婚

前回は「国譲り」が完了し、「天照大御神アマテラスオオミカミ」の子孫「邇邇芸命ニニギノミコト」が
地上界に降りて、新たな支配者となりました。

邇邇芸命ニニギノミコト」は、降臨した「久士布流多気くしふるたけ」の近くに居を構えます。

その場所は現在の「高千穂神社」とされていてます位置情報

高千穂神社

その後、第2回の神生みで生まれた山神「大山見津見神オオヤマツミノカミ」の娘「木花之佐久夜毘売コノハナノサクヤビメ」と出会い、
求婚します

父「大山見津見神オオヤマツミノカミ」は喜び、「木花之佐久夜毘売コノハナノサクヤビメ」だけでなく、
姉の「石長比売イハナガヒメ」も一緒に差し出されます

しかし、姉は美人でなかったため、「邇邇芸命」は送り返します

すると、父「大山見津見神オオヤマツミノカミ」は怒り、
「姉を送ったのは、天孫の命が永遠に続くという願いを込めて送ったのに、
それを送り返すのだから天孫の寿命も花が散るように儚いものとなるだろう。」
と言われます。

これにより、天孫の寿命が短くなってします

ちなみに、これと同じような物語は世界中に存在し、
「石と植物のどちらか選択するよう求められ、植物を選ぶと寿命が短くなる」というもので、
姉の名前に「石」、妹に「花」が入っているのはその影響があるようです

その後、「木花之佐久夜毘売コノハナノサクヤビメ」は妊娠しますが、「邇邇芸命」は嫁の浮気を疑い、
怒った妻は「あなたの子供なら無事に生まれるはず!」と言い、産屋に火を放って、
その中で三柱の子供を生みます

その三柱の長男は「海幸彦ウミサチヒコ」の別名を持つ「火照命ホデリノミコト」、
二番目は名前だけが登場する謎の神「火須勢理命ホスセリノミコト」、
最後に生まれたのは「山幸彦ヤマサチヒコ」の別名を持つ「火遠理命ホヲリノミコト」です。

この生まれた子どもたちと、父「邇邇芸命ニニギノミコト」、母「木花之佐久夜毘売コノハナノサクヤビメ」などを
高千穂皇神タカチホスメガミ」と呼び、「高千穂神社」の主祭神となっています。

高千穂神社

本殿の隣には「夫婦杉」があり、恋人や夫婦、友達と手をつないで三周すれば
縁結び、家内安全、子孫繁栄のご利益があるとされています

高千穂神社(夫婦杉)

場所はコチラ。駐車場はとても広いです。第5回で紹介した「夜神楽よるかぐら」も必見ですexclamation

ちなみに、前回のお話で紹介した「槵觸くしふる神社」の御朱印は
「高千穂神社」でいただけます

ということで、次回は『「海幸彦」と「山幸彦」』です

●目次

【日本神話をめぐる旅1】-「はじめに
【日本神話をめぐる旅2】-「日本のはじまりと国産み
【日本神話をめぐる旅3】-「神生みと夫婦喧嘩
【日本神話をめぐる旅4】-「三貴子の誕生
【日本神話をめぐる旅5】-「天石屋戸隠れ
【日本神話をめぐる旅6】-「八俣遠呂智の退治
【日本神話をめぐる旅7】-「因幡の白兎
【日本神話をめぐる旅8】-「須佐之男命の試練
【日本神話をめぐる旅9】-「少名毘古那神と御諸山
【日本神話をめぐる旅10】-「国譲り
【日本神話をめぐる旅11】-「出雲大社(前編)
【日本神話をめぐる旅12】-「出雲大社(後編)
【日本神話をめぐる旅13】-「天孫降臨
【日本神話をめぐる旅14】-「邇邇芸命の結婚」
【日本神話をめぐる旅15】-「海幸彦と山幸彦
【日本神話をめぐる旅16】-「豊玉毘売命の出産
【日本神話をめぐる旅17】-「神武天皇の誕生(前編)
【日本神話をめぐる旅18】-「神武天皇の誕生(後編)
【日本神話をめぐる旅19】-(仮)「伊勢神宮(前編)」
【日本神話をめぐる旅20】-(仮)「伊勢神宮(後編)」
【日本神話をめぐる旅21】-(仮)「あとがき」



ブログの検索


リンク

2017年10月
MTWTFSS
« Jul  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031