タウシュベツ展望台から望む「タウシュベツ川橋梁」(北海道上士幌町)

旧国鉄士幌線の遺構「タウシュベツ川橋梁」

コンクリート製のアーチ橋が時の流れのまま風化していく姿を見ることができます。

ただし、基本的に糠平(ぬかびら)湖の水量が少ない1月~6月の間だけ見ることができ、
夏の8~9月以降になると水没するため「幻の橋」とも言われています

タウシュベツ川橋梁(タウシュベツ展望台)

私が行ったのは2015/7/18で、時期的には水没する寸前の、
湖面に反射する美しい姿が見れるはずと期待していましたが、
ご覧のとおり水量が少なく、全体が見える状態でした

こればかりは天候次第なので仕方がないですね
(この年は9月になってようやく水面に映る状態になったようです。)

タウシュベツ川橋梁(タウシュベツ展望台)

ちなみに、私は「タウシュベツ展望台」から望遠レンズを使って撮影しました。
(1枚目は35mm換算で230mm、2枚目は550mm:
SIGMA Contemporary150-600mmF5-6.3DG OS HSMニコン用を使用 )

2枚目に人が写っているのが見えますが、
見学を事前に申し込みすれば近くまで案内してくれるそうです
(詳しくは、NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターへ。)

「タウシュベツ展望台」は下地図あたりに駐車して、
森林の中を5分程度(180m)歩いた場所にあります

森林の中はフカフカの道が整備され、とても歩きやすかったです

タウシュベツ展望台

道中にミズナラの巨木(直径1.5m)があります

ミズナラ(タウシュベツ展望台)



ブログの検索


リンク

2017年10月
MTWTFSS
« Jul  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031