釧路湿原(1)・釧路市湿原展望台(北海道釧路市)

釧路湿原は面積1万8千ヘクタールを誇る日本最大の湿原です。
その湿原部分と周辺の丘陵部も含めた2万6千ヘクタールが国立公園となっています。

湿原は色々な機能を持っていて、例えば「貯水や洪水の防止」や「生物多様性の保全」、
「温暖化ガスの吸収」、「水質の浄化」などの役割を担っています。

そんな釧路湿原は、地球の気候変動で海に沈んだり、陸になるなどを繰り返し、
約3000年前に今の姿になったとされています。

釧路湿原の歴史や動植物の紹介などを展示する「釧路市湿原展望台」目

釧路市湿原展望台

昭和59年に開館した市営の展示・展望施設(入場料470円)で、
カフェなどが併設されています喫茶店

私が訪問した日は霧で見通しが悪かったため展望台に入館しませんでしたが、
1階のカフェ「憩っと」でエゾシカカレーを頂きましたうまい! (顔)

エゾシカカレー(釧路市湿原展望台)

最近、エゾシカが増えすぎて農地を荒らされることから、
間引いて食用肉として活用されるようになっているそうです考えてる顔

お腹を満たした後、「湿原展望遊歩道」を歩き、「サテライト展望台」へ走る人

湿原展望遊歩道

この道は「釧路市湿原展望台」を起点に1周2.5kmの整備された遊歩道で、
約1時間でまわることができます。

特に「釧路市湿原展望台」の北側から「サテライト展望台」へ向かう道は
車椅子で通行できるように整備されていますひらめき

道中、「釧路湿原探勝路」や「あおさぎ広場」などが書かれた看板のある分岐点があります目

湿原展望遊歩道

「釧路湿原探勝路」方面へ向かうと「温根内ビジターセンター」へ行くことができるのですが
「あおさぎ広場」より先は通行止めになっているので、
トレッキングされる方はご注意下さいがく〜 (落胆した顔)

「サテライト展望台」に到着しましたげっそり (顔)

2015/07/21に撮影。

サテライト展望台

サテライト展望台

何も見えませんでした。。。ふらふら
夏の釧路は霧に覆われることが多いそうです。。。

場所はコチラ。遊歩道のコースなどは公式サイトでご確認下さいほっとした顔



ブログの検索


リンク

2017年10月
MTWTFSS
« Jul  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031