噴気孔の側まで行ける「硫黄山」(北海道弟子屈町)

川湯温泉の側にある「硫黄山」。
標高は512mの活火山で、アイヌ語では「アトサヌプリ」と呼ばれ、
「裸の山」という意味だそうです。

現地に到着すると、硫黄の匂いで充満しています
硫黄山

本当に大丈夫なのかな?って思うぐらい噴出口に近寄れます

硫黄山

硫黄山

足元はゴツゴツしてて、少し歩きにくいのですが、
それ以上に注意しなければならないのが
所々で熱湯が湧いてます

穴の中でグツグツ言ってますので本当にご注意を

硫黄山

今度来た時は玉子を持って行こうかな

iouzan05

場所はコチラ。逆光を避けて写真を撮るなら午後からのほうがいいかも。



ブログの検索


リンク

2018年11月
MTWTFSS
« Sep  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930