日本で最も早く紅葉が始まる「銀泉台」(北海道上川町)

日本で最も早く紅葉が始まる場所として知られる大雪山系の「銀泉台」。

紅葉シーズンはマイカー規制で、まずは「大雪レイクサイド臨時駐車場(200円)」へ。
だいたい、このあたり。標識が出てますので迷うことはないと思います。

そこから、シャトルバス(400円)に30分ぐらいだったでしょうか。
対向車線とすれ違うことがほぼ不可能な山道を登っていきます。
しかも、砂利道で相当揺れます

バス停に着いたら必ずトイレへ。
バス停から先は本格的な登山道なので、この先トイレはありません。

入山手続を済ませて登っていきます。
最初はゆるやかな整備された砂利道を歩きます。

銀泉台登山道

この看板があるところから急な登山道になっていきます。

銀泉台登山道

それなりの体力が必要で、旭岳のトレッキングのような軽い感じではありません

10~20分程度のところで、このような景色が広がります(2013/9/24撮影)。
銀泉台

足元は細い登山道で、すれ違うのがやっとな場所での撮影になります

銀泉台

銀泉台

更に奥へ。
降りてくる人をうまく避けながら登っていきます。

銀泉台

駐車場から40分~50分ぐらいで「第一花園」とよばれる展望台(?)に到着。
第一花園(銀泉台)

旭岳と同様の感じだと思っていたのですが、とんでもない
かなりキツかったです

眼下にはこんな景色が。
バスで登ってきた砂利道も見えます

第一花園(銀泉台)

展望台と言っても足元はこんな感じ
あくまで登山道の途中に表札があるだけの場所です。
第一花園(銀泉台)

展望台でゆっっくりしようと思ったのですが、
最終のバス16時30分で、あと40分しかありません

気がついたら周りに誰もいなくて、しかも急に雨が

展望台へ行くのに1時間近く登るなんて全く知らずに来てしまったので、
しかも急に雨が降ってきて、軽いパニックになりながら急いで下山

下りだったので30分程で入山手続きを行った場所に戻れましたが、
この日は私が最後の登山者だったようです。。。

無事、最終バスに間に合いましたが、もうヘトヘト。
正直、遭難するかと思いました

もし、行かれる方は午前中までに行くことをおすすめします。
それから、防寒具や雨対策など、準備万全で行ってください



ブログの検索


リンク

2017年10月
MTWTFSS
« Jul  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031